屋根塗替チェック|屋根塗装の事ならセイフティ30にお任せ下さい。東京・神奈川全域対応。

外壁塗装セイフティ30
  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合せ
  • お知らせ
無料見積り依頼
30年長持ち「外壁塗装」

屋根塗替チェック

家を新築すれば、必ず定期的にいろいろな箇所のメンテナンスが必要になります。
特に年中雨風や紫外線を浴び続けている屋根は、定期的に塗装の塗替えをしなければいけません。屋根の塗替え時期には使用する材質によって大体の目安がありますが、それは紫外線や雨の量などによって大きく変化します。さらに以前屋根の塗装の塗替えをしている場合は、前回の塗装技術によっても塗替時期に大きな影響を及ぼします。したがって、一般的に紹介されている材質による屋根の塗替え時期の目安だけでは本当に塗替えが必要であるかどうかは分かりません。屋根の塗替えが必要であるかどうかは、屋根を直接見ればすぐに分かります。ここでは塗替えが必要であるか見分けるポイントを紹介します。
コケの発生

屋根塗替チェック

屋根は新しいうちは防水効果がありますが、どうしても経年劣化により防水効果は低下してしまいます。すると湿気や雨水などにより屋根の表面にコケが発生し、そのまま放置しておくと屋根の耐久性も衰え雨漏りなどの原因にもなります。
色の減退・変化

屋根塗替チェック

屋根は年中強い紫外線を浴びているため、それが原因でどうしても年々劣化し、塗膜の表面の色が減退したり、何らかの原因で元々の色が変化を起こすことがあります。
目立った色の減退や色の変化は屋根の塗替えのサインです。
既存塗膜の劣化

屋根塗替チェック

見た目で塗膜が剥がれ落ちている場合は、早急な対応が必要です。この状態だと屋根の下地が直接雨水を接触することになり、急激に劣化を促進させて雨漏りなどの大きな被害に発展します。被害が拡大すると塗替えだけでは済まなくなります。

塗替えまでの期間

一般的には、屋根の塗替えまでの期間はカラートタン屋根で5〜8年、スレート屋根で10年と紹介されています。ちなみに木部と鉄部は3年が塗替え時期と言われています。
ただしこれはあくまでも塗装メーカーや塗装業者が紹介している目安であり、実際には紫外線や雨の量などで大きく変わってきます。

屋根の種類 塗替え年数
カラートタン屋根 5〜8年
スレート屋根(コロニアル) 10年
木部 3年
鉄部 3年
例えば南側に建てられた住宅と北側に建てられた住宅では、同じ場所にあっても屋根の劣化の進行度は全く異なります。また、屋根の材料や塗装の品質などによっても劣化の進行度はかなり変わってきます。したがって、屋根の塗替えまでの時期はあくまで参考に程度に覚えておいて、それよりも早めの定期点検を欠かさず行いましょう。最初の塗替えまでの期間が分かれば、2回目以降の時期が予想できます。

PageTop

無料見積り依頼