外壁塗装の工程(モルタル)|外壁塗装の事ならセイフティ30にお任せ下さい。東京・神奈川全域対応。

外壁塗装セイフティ30
  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合せ
  • お知らせ
無料見積り依頼
30年長持ち「外壁塗装」

外壁塗装の工程(モルタル)

家族を守る大切なお家の工事です。
どんな塗料を使ってどんな工程で進めていくのか?作業中お客様の目に見えないのが塗装工事です。
当社では常にお客様に安心していただけるように施工前のご説明・施工中の進捗状況を毎日ご報告しています。 お客様の大切なお住まいを自分の家と考え、お客様に安心していただけるためのサービスのご提供を心がけてい ます。

外壁塗装の工程

1.仮設足場
外壁塗装工事で欠かせないのが足場設置工事です。塗装の仕上がりを左右する大きな要素の一つでもあり、職人が安全に作業するために重要な工程です。また、近隣様への安全にも配慮し、飛散防止用のネットを張り、塗料や部材が近隣様の建物へ飛ばないように十分に注意して施工を行います。

下へ

外壁塗装の工程

2.高圧洗浄
塗装前に外壁についた汚れ、コケ、カビ、古い塗料、チョーキングの粉などを完全に洗い落します。壁に汚れや不純物が残っていると汚れの上に塗装する状態になりますので、どんなに良い塗料を使っても塗料の性能を十分に発揮させる事はできません。
塗装前の大切な工程になります。

下へ

外壁塗装の工程

3.養生作業
職人の腕の差がはっきり出てしまう作業です。塗料が付いてはいけない場所をテープとビニールで完全に覆ってしまいます。
この養生作業は非常に手間のかかる作業ですが、この養生をしっかり行わないと塗装の仕上がりに大きな差が出てしまいます。

下へ

外壁塗装の工程

4.クラック処理
外壁にヒビ割れがある場合、シーリングやコンクリート充填剤を注入し、下塗り前にしっかり処理します。
構造クラックがある場合、表面をV字カットしてクラックの奥深くまで材料を充填します。
その処理が終わってから下塗り作業に入ります。

下へ

外壁塗装の工程

5.下塗り
下塗りは上塗り塗料をしっかり密着させる目的のもので、いわば塗料の接着剤のような役割です。
この下塗り作業が不完全だと、塗料の剥がれなどの原因になります、上塗りにせっかく良い塗料を塗ってもすぐに剥がれてしまわけです。
下塗りもローラーと刷毛を使ってしっかり刷り込みます。

下へ

外壁塗装の工程

6.中塗り
中塗りとは、塗料メーカー基準の塗布量(厚さ)でしっかり塗るために、上塗り材を塗る前の補助的な塗装工程になります。
補助的と言っても、この工程で手抜きをすると完成後に色むらができたり、数年で塗装がだめになってしまったりしますから、とても重要な工程になります。

下へ

外壁塗装の工程

7.上塗り
最終工程の上塗りもローラーと刷毛を使って塗っていきます。塗料に十分な厚みを持たせ、なおかつ均一にむらなく仕上げていきます。
お客様が目にすることのできない箇所も入念に仕上げていきます。

下へ

外壁塗装の工程

8.付帯部の塗装
付帯部とは、雨樋・雨戸・戸袋・水切り・シャッターボックスなどの部分的な塗装を言います。
この付帯部も経年劣化があります。雨樋は紫外線によって硬化して割れてしまったり、金属部は錆が出たりしますから、付帯部も外壁と一緒に劣化を防ぐ目的で塗装されることをお勧めします。

下へ

清掃及びお引渡し完工検査

9.清掃及びお引渡し完工検査
工事完了後に職人による清掃を行い、移動した位置やお荷物・植木等を元の位置に戻します。
清掃終了後にお客様お立会いにて清掃などをチェックして頂き、ご満足頂けるまで綺麗にします。

下へ

工程写真と目視による完成検査

10.工程写真と目視による完成検査
施工中に撮影した写真をご覧頂きながら、施工後の外壁等をお客様にご確認頂きます。
お客様が気になった箇所等ございましたらその場で手直し致しますので、お客様には100%ご満足頂いております。

PageTop

無料見積り依頼