外壁塗替チェック|外壁塗装の事ならセイフティ30にお任せ下さい。東京・神奈川全域対応。

外壁塗装セイフティ30
  • HOME
  • 会社概要
  • お問い合せ
  • お知らせ
無料見積り依頼
30年長持ち「外壁塗装」

外壁塗替チェック

家を新築した時や中古住宅を購入する時には、好みの外壁を選んだり状態をしっかりチェックするでしょうが、しばらくすると自分の家の外壁をじっくりと眺めることはなくなるでしょう。
もちろん新築したばかりの外壁をメンテナンスする必要はありませんが、それでも施工の仕方や環境によっては外壁塗装工事などのメンテナンスが必要になることもあります。
一般的にはモルタルでもサイディングでも外壁の塗装は10年を目安に定期的に行わなければいけないとされていますが、10年経たなくても外壁塗装が必要になる場合も少なくはありません。
ここではご自身でも確認できる外壁塗装が必要なサインの見分け方を紹介しています。
ご自身で判断できない場合は、無料点検をしている弊社までお気軽にご連絡下さい。
塗装のはがれ(ふくれ)

外壁塗替チェック

塗装のはがれは外壁塗装を必要としているサインです。
紫外線や雨水などに長くさらされたことや施工の仕方などにも原因がありますが、もちろん見た目は悪く、そのまま放置しておくと素材の保護機能が低下してしまいます。

クラック(ヒビ割れ)

外壁塗替チェック

外壁がひび割れることをクラックと呼びますが、クラックが大きければ目立ちますが、小さい場合は見逃してしまうこともあります。
クラックをそのままにしていると、そこから雨水が浸水して木材や鉄骨などの構造体の耐久性を落としてしまいます。
白亜化(チョーキング)

外壁塗替チェック

紫外線や雨風や熱に長期間さらされることにより、塗膜が分解して学校で使用するチョークのように外壁の表面に白い粉が吹き出す現象を白亜化現象、またはチョーキングと呼びます。この状態を放置しているとクラックや反り返りを起こす可能性が高まります。
コーキングの欠損

外壁塗替チェック

サイディングなどを貼った後などにできる外壁の目地には、雨水などが入らないようにコーキングをしなければいけません。
コーキング材が劣化すると防水効果が低下して内部に雨水が浸水し、構造体の腐敗につながります。
木部塗装の剥がれ

外壁塗替チェック

木製のサイディングは生きて呼吸をしているため、一般的なサイディングやモルタルよりも頻繁に外壁塗装が必要です。
使用する塗料も慎重に選ぶ事をおすすめします。下地処理や塗装の回数が多いほど塗装も長持ちします。
鉄部のサビ

外壁塗替チェック

鉄部にサビが発生するのは、雨水などの水分が空気中の酸素と反応して酸化するのが原因です。
サビをそのままにしておくとどんどん腐っていくため、外壁やその周辺でサビを見つけた場合には早急な対応が必要です。

塗替えまでの期間

外壁塗装の塗替えまでの時期は、モルタルで6〜10年、サイディングやALCパネルで10年と言われていますが、それはあくまでも目安です。
例えば太陽光が当たりやすい南側とそうでない北側では、同じ場所でもメンテナンスサイクルも大きく異なりますので注意が必要です。

屋根の種類 塗替え年数
外壁(吹き付け) 6〜10年
外壁(サイデイング) 10年
外壁(ALCパネル) 10年
木部・鉄部 3年

PageTop

無料見積り依頼